本文へ移動

▶看護部

看護部長あいさつ   看護部長 久保久彦

当院は島原半島の入り口に位置する愛野町にあり、雲仙市にひとつしかない精神科病院になります。50年以上にわたって地域の精神科医療の発展を願い、地域で頼りにされる病院を目指して、日々看護を提供して来ました。看護理念である「患者様の立場にたち、信頼と満足の得られる看護・介護の実現を目指します」をもとに、安心して入院生活を送っていただける様に、また、地域生活のサポートを充実させられる様に、今後も患者様の個別性を考慮した看護を提供してまいります。

 時代に応じた更なる質の高い精神科看護を目指して、業務改善、看護部教育にも力を入れています。業務改善では看護方式の見直しや統一、申し送り廃止など最適な看護を提供できるように工夫を重ねながら、スタッフに負担が少ない方法を模索しています。教育に関しては、現任教育だけではなく新人教育を見直し、新卒看護師の受け入れや教育体制の充実、奨学金制度を活用してもらいながら、新しい力や更なる技術向上のためのサポートも積極的に行っています。地域医療に貢献できる様に、やる気のあるスタッフを随時募集しています。やりがいのある当院で一緒に精神科看護のエキスパートを目指していきましょう。

看護部教育プログラム

 看護部では看護職員の知識と技術の向上・統一を目的に、看護部教育委員会を運営し、ベテランから新人まで教育を受けられる体制を整え、安全な医療・看護を提供しています。
 特に、新しい人材を確保するために、教育体制の充実を第一に挙げ、新人教育プログラムに力を入れています。新人看護師が必要な基本姿勢や態度、看護技術を習得できるように、1年を通じてフォローしていきます。その後も継続して院内外の教育を受けられるように、体制を整備しています。

◇新人教育プログラム◇
・病院、看護理念    ・精神科疾患、看護
・行動制限(隔離、拘束)・感染対策
・救急対応について   ・基本的看護技術
・医療安全         など…
医療法人社団 英仁会 
愛野ありあけ病院
〒854-0301
長崎県雲仙市愛野町甲370
TEL.0957-36-0153
FAX.0957-36-1032
0
7
9
7
4
1
TOPへ戻る